中沢歯科医院には院長室がありません。代わりにWeb上に設けてみました。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
中沢歯科医院
〒443-0022 蒲郡市三谷北通三丁目177番地
TEL 0533-67-1177
HP    www.e8148.jp/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<< 身近な生物多様性 ( Biodiversity around us ) | main | 入梅 >>
身近な生物多様性2 ( Biodiversity around us )
 さて、これまた下の画像なんだか分かりますか?

鳥のフン

いつもの登山道にある展望台にあるテーブルの上です。
何かのっかってますが何でしょう?
じつは鳥のフンです。

落とし主が誰かは分かりませんが、
フンといっても見ると植物の実ばかりです。

鳥が食べた植物のタネが未消化のまま排泄されているわけで、
これにより植物は遠くはなれたところに仲間を残すことが出来るわけです。
ですから植物からすれば、
このフンは地面に落ちなかったので「作戦失敗」といえます(笑)。

そういえばうちの庭にも、
「植えた覚えのない植物がいっぱいある」
と以前母親が言ってました(笑)。

フンとともに落とされたタネは、
芽を出す環境が整うまでじっと待ち続け、
先の記事のように、環境が変わったりすると芽を出すわけです。
つまり鳥たちも生物多様化の担い手なんです。

ま、われわれ人間もズボンや靴にタネつけたまま歩いて、
いつの間にか運び屋にされてたりするんですがね。
鳥の場合には移動距離が大きいため、
運び屋としては優秀といえます。


記事製作時のBGM:
生福 「Fly away space shuttle」
生福 「酸素でルルル」        ・・・(笑)

 
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
中沢歯科医院
〒443-0022 蒲郡市三谷北通三丁目177番地
TEL 0533-67-1177
HP    www.e8148.jp/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
スポンサーサイト
 
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
中沢歯科医院
〒443-0022 蒲郡市三谷北通三丁目177番地
TEL 0533-67-1177
HP    www.e8148.jp/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Trackback URL
http://e8148.jugem.jp/trackback/76
TRACKBACK